• HOME
  • 四十肩・五十肩の整体
  • 肩が痛い!挙がらない!?よくわかる四十肩・五十肩の見分け方のページ

肩が痛い!挙がらない!?よくわかる四十肩・五十肩の見分け方

「最近、肩が上がりにくいし、背中に回すと痛いねん・・・」

「それって四十肩・五十肩やで!半年から1年ぐらいはかかるで〜」

こんな日常会話がされているとうちに来られた患者さんからよく聞きます。
五十肩
ハッキリ言うて素人の判断で四十肩・五十肩を判断するのは危険です。

せっかく痛みもすぐに治るかもしれんのに、温めたり、痛いのにストレッチしたり、接骨院で毎日電気当てたりしていると無駄に施術に時間を費やすことになりかねません。

友達の善意のアドバイスかもしれませんが「半年から1年かかるで〜」の言葉だけを信じずにあなたの体の声を聞けるように、このページは肩の痛みの鑑別と四十肩と五十肩のしっかりとした原因と対処法について書いています。

京都市内で四十肩・五十肩、肩の痛みでお悩みの方は是非、読んでみてください。

  • ある日突然、腕が上がらなくなった・・・
  • なんか後ろのものを取ろうとした拍子に痛みが!?
  • 四十肩・五十肩は日にち薬で時間が必要なんですよね?
  • ブラジャーのホックが止められない・・・
  • 高いところの荷物が取れな〜い。

そんな肩の痛みでお悩みではありませんか?

そもそも四十肩・五十肩ってどんなもん?

肩の痛みと運動制限をきたす疾患です。

江戸時代の頃から五十肩という言葉はあって50歳になると肩の痛みを訴える人が多いからそう呼ばれていたそうです。

正式には肩関節周囲炎という疾患群のことで、肩関節の関節包の問題、肩関節の周囲に起こる炎症のことを四十肩・五十肩と言います。
shoulder01
整形外科的には肩に痛みと動きに問題がある、患者の年齢が40歳以降である、明らかな原因がないという3条件を満たすものを四十肩・五十肩と呼んでいるようです。

四十肩・五十肩など肩が痛くなる他の原因としてはインピジメント症候群腱板損傷上腕部の筋膜の癒着なども肩の痛み・可動性の減少につながります。

石灰沈着性腱板炎なども含めて四十肩・五十肩と呼ばれていたようですが、最近は原因のあきらかな疾患は四十肩・五十肩に含めないことになています。

四十肩・五十肩はどんな症状・痛み?

基本的には肩の痛みと関節の可動性の減少です。

最初、肩関節付近に鈍痛がおこり、腕の可動範囲の制限が起こります。

人によっては痛みが鋭いものになり、急に腕を動かす場合などに激痛が走る人もいます。

痛みのために、腕を直角以上に上げられなくなったり、後ろへはほとんど動かせないなどの運動障害が起こる場合もあります。

生活にも支障をきたすようになり、重症化すると、洗髪、髪をとかす、歯磨き、炊事、洗濯物を干す、電車のつり革につかまる、洋服を着る、寝返りを打つ、排便後の尻の始末などが不自由となり、日常生活に大きな困難をもたらす場合がある。

人によって軽症でのままなのか、重症化するかの仕組みもはっきりしていない。

痛みは片方の肩だけの場合と、一方の肩が発症してしばらく経つともう片方の肩にも発症してしまう場合と臨床では見られますが関連しているかどうかは原因は不明です。

また夜間痛で睡眠の障害につながる重度な肩の痛みを訴える方もいます。

素人判断で痛みは日にち薬で良くなると考えていると、痛みも慢性化してしまい、時間がかかってしまう場合もあるので適切な判断と施術が今後のためにも必要です。

肩が上がらないのは四十肩・五十肩じゃない!?

肩の痛みは毎日の臨床でも良く相談を受けます。

産後のお母さんや何気ない動作で腕が上がらなくなったなど色々です。

でもそれを四十肩・五十肩と決めつけるのはちょっと早い。

人間って腕をあげる時は肩関節だけで動かしているわけではないんです。

頚椎の関連、肩甲骨の可動性や肋骨の可動性、鎖骨など色々な関節と筋肉の複雑な動きの中で腕をあげるという動作ができているんです。

肩が上がらない・挙げると痛いということは色々な原因があるということを知っておいてくださいね。

肩の痛みインピジメント症候群とは?

滑液包や靭帯など構造に問題が起きている原因

肩甲骨のはたらきに問題が起きている機能的な原因

の二つに分けられ、スポーツをしている方に多い肩関節の複合的な問題です。
impingement1
特に野球をしている方が良くなるとは言われていますが、他にもバスケやバレーなどの選手もなりやすいとも言われてます。

インピンジメント⇨衝突・ひっかかるという意味で、肩関節を動かすことで引っかかったり、ぶつかったりして痛みを引き起こすということです。

インピジメントも引き起こされる部位によって変わってきます。

関節の外で起きる
肩峰下インピンジメント
烏口下インピンジメント
関節の内で起きる
後上方インピンジメント
前上方インピンジメント
と大きく分けることができ、肩が痛い・腕が上がらないといっても部位によって適切な施術を施さないといけません。

関節の外で起きるインピジメント(挟み込み)を繰り返すことで、健板の損傷や断裂が起こるのでただ単にステッレチをすればいいということは、悪化していくこともあるので控えてください。

関節の中で起きるインピジメント(挟み込み)は腕を横にあげて手のひらを上に向けるような動作、前に出して手のひらを下に向ける動作を繰り返すことで起きやすくなり、関節の不安定(ルーズショルダー)や前腕部の健の炎症につながりやすいです。

この肩の痛みはどうすればよくなるの?

しっかりとした鑑別と適切な処置が必要です。⇦これが重要ですね。

ただ痛いからといって四十肩・五十肩と決めつけてしまって、逆に負担になるストレッチなどを繰り返すと治りが遅くなり、痛みも慢性化してしまいます。

命に関わる問題ではないですが、安易な自己判断や素人判断は痛みを長引かせ、生活にも支障が出てしまいます。

整形外科でも江戸時代の考え方のまま、年齢で四十肩・五十肩もっとひどいのは30代やし三十肩なんていう酷い診断を受けてこられた人もいました。

医学も進歩し肩の関節の研究、痛みの研究も進んでいます。

お医者様の言葉と考えずに医療従事者の言葉として、あなた自身も痛み、症状について考えてください。

そしてセカンドオピニオンなり肩関節専門で施術などを受けるか、それでも局所的なことを繰り返しても良くならなければ信頼できるカイロプラクター・オステオパスなどに相談されるといいと思います。

当院の肩の痛みに対しての施術

カイロプラクティックアプローチと日常生活でおこなえる簡単なエクササイズなどの指導で早期に症状の寛解を目指します。

痛みが慢性化すると問題も複雑になるのでまずは痛みを抑制していくこと、炎症を起こしている部分の炎症の抑制、構造的・機能的な問題を解消していく調整をしていきます。

早期に対処することで治癒も早いのであれ?最近肩の調子が少しおかしいなと感じたら相談してください。

烏丸カイロプラクティックセンターが選ばれる3つの理由

痛くない施術&安心感のある先生


烏丸カイロプラクティックセンターの施術は『強い力でボキボキしたり揉んだりせーへんからと聞いたので◯◯さんから紹介されて来ました。』とよく言われます。

あと患者さん目線で一緒に治していくというスタンスでいるので、偉そうでもないし、ヘコヘコもしてないし優しい兄ちゃん、息子、孫的に思ってくれてる患者さんが多いです。ありがたいです。

丁寧なカウンセリングで原因を根本から調整


烏丸カイロプラクティックセンターではご来院いただいていきなりベッドに寝てもらって施術することはありません。

まずはしっかりと丁寧にカウンセリングをおこない原因を調整していきます。

専門用語は使わずに小さい子供でも理解出来るぐらいのたとえ話などを使って不調の原因を説明していきます。

また家でも簡単に誰でもできるセルフケアや食事などのアドバイズでもしっかりとサポートしてくれると喜ばれてます。

1人1人に合わせたオーダーメードの施術


烏丸カイロプラクティックセンターでは完全予約制で私が責任を持って担当させていただき、あなたの体に合わせたカイロプラクティック・整体施術をおこなっていきます。

痛みやコリ、慢性疲労、自律神経の問題などは生活習慣や環境、そして性格も含めて人によって全く違います。

完全予約制なので隣のベッドの話し声が気にならず、部屋も明るくて窓も大きいのでゆったりと受けれると好評です。

カイロプラクティックってどれぐらいの期間通えばええの??

施術回数はその方の状態にもよりますので、施術を続けてみないと分からない。というのが本当のところですが、うちの統計実績では肩関節の痛みですと約10〜15回ほどかかります。

慢性的な肩こりや腰痛などは8〜10回の通院が必要です。

だいたい平均すると半年間で15.5回というデータです。

半年間で15.5回は長い?それとも短いでしょうか?

15回って聞くと長く感じるかもしれませんが、1回の施術が30分ほどなので、15.5回だと7.5時間になります。

その人の通えるペースや症状の度合いにもよりますが、半年で7時間半ぐらい。

5年、10年といった年単位でお困りの問題が7.5時間で良くなるんやったら以外と早いとみなさん納得される方が多いです。

もし、1回で治らへんのやったら施術を受ける意味がないとお考えでしたら、その症状はそこからは何も変わらないのではないでしょうか。

厳しい言い方をすれば「そこまでほっておいたあなたがあかんのですよ」

カイロプラクティックや整体の施術は博打ではありません。

烏丸カイロプラクティックセンターは確実に良くなる方法で最善を尽くしていくことが大切なのではないかと考えています。

身体が辛いとどうして一度の施術で大きな改善を求めてしまいがちですよね。

時間をかけて肩こりや頭痛などの問題が起こっていると、施術にもそれなりの期間が必要になってくるので、烏丸カイロプラクティックセンターではこういう大事なことは正直にお伝えしています。

早くよくなるにはどうしたらええの?

長年の痛みや疲労感などの症状とは1日でも早くさよならしたい。ですよね?

一度で大きな施術の効果を出してほしいんや!と思われてる方も多いとおもいます。

そのお気持ちは良くわかります。

先ほどの通院の回数の話もそうですが、体が良くなっていくメカニズムとしては新陳代謝が関係していて、内臓の問題からの症状筋肉・骨格からの問題の症状血流の問題からの症状神経の問題が関係している症状などがあり、筋肉を緩めても、骨格を矯正したからといっても1回での施術で全ての痛み、症状が良くなることはありません。

筋肉に関していえば安静にしていても細胞組織が回復するまでには3〜4ヶ月必要です。それでも良くならない場合は原因が複雑に絡んでいるのでやはり施術でそういった問題を解決しないといけません。

実は失われた機能を少しずつ元に戻していき、脳と体に覚えさせて安定していくのが、早く健康を取り戻す秘訣なんですよ。

急がば回れっていうでしょ?

体も一緒。

あせらず、あきらめずしっかりと良くしていきましょう!

新規の方は1日に2名様までとしています。

烏丸カイロプラクティックセンターでは現在、体の調整中やメンテナンスなどで来院の方の予約を最優先とさせていただいています。

当日の予約も可能ですが、一人一人の方の問題にしっかりと取り組んでいきたいと考えていて初診の方の受付は1日に2人までとさせていただいています。

ご希望の時間の予約が埋まっている場合は違う日時を提案させていただきます。何卒ご理解ください。

整体施術をご希望の方は当日以外の第2希望までの日時を決めていただいて連絡をいただくと比較的に予約が取りやすいので予約の際に『○日と◯日に整体を受けたいんですがどっちか空いてますか?』とお伝えください。

また先の予約(1ヶ月先まで)も受け付けているのでお困りの症状がございましたら、電話、LINE、メールでの予約方法をご用意しております。

お気軽にお問い合わせください。

女性の方で男性の施術を受けるのを迷われている方へ

烏丸カイロプラクティックセンターは男性の施術者が一人で運営しており7割以上が女性の患者さんですが、最近、整骨院や鍼灸師、整体師など施術者によるセクハラ問題が増えていることもあり「初めてのところで1対1で男性の施術はちょっと・・・」と感じている方も多くおられるのも事実でよく聞きます。

なので烏丸カイロプラクティックセンターでは体の不調で困っている女性の方でも安心してカイロプラクティック施術を受けていただけるよう受付に女性が居る曜日(基本的に土曜日)を設けています。

「受けてみたいけど男性と1対1の施術を受けるのはちょっと心配・・・。」と気になる方は、女性が居る曜日と日時を確認してから予約をお取りください。
※カイロプラクティック・整体施術中は手が離せない状況ですと電話に出れないことも多々あります。施術が終わり次第こちらから折り返しのお電話をさせていただきますので少しお待ち下さい。

急がれてない方はメールもしくはLINEで予約を取っていただくとスムーズです。

〒600ー8493
京都市下京区郭巨山町19 相生ビル5F-B
京都市下京区 四条烏丸でカイロプラクティック・整体をお探しなら烏丸カイロプラクティックセンターへ。
【体の悩み〜心の悩みまでトータルにカイロプラクティックでサポートしています。】
烏丸カイロプラクティックセンター
メールでの予約は24時間受け付けています。

「ホームページを見ました」とご予約ください。 TEL 0120-075-251 現在通われている方の施術プランを、第一に考えていますので、ご新規の方は1日/2名様までとさせていただいています。 〒600-8493 京都市下京区 郭巨山町19 相生ビル5F-B  受付10:00~19:30 休院 日曜・祝祭日・水曜16:00まで 阪急烏丸地下鉄四条徒歩5分
メール予約受付は24時間対応しています。 メールで予約する

ページトップに戻る