• HOME
  • 自律神経の整体
  • 不眠症と整体。薬に頼らない体を目指しましょう!のページ

不眠症と整体。薬に頼らない体を目指しましょう!

「2時間は寝付けない」「夜中に何度も目がさめる」「眠れない」

どこに行っても『ストレスが原因ですね』と言われて肩だけ首だけ揉んでくれるだけで、ちっとも楽にならない!とお悩みではりませんか?

烏丸カイロプラクティックセンターはお悩みのせいで「◯◯が出来なくなった」を悩みを解消して「◯◯が出来る体に」戻していく、そんな施術でみなさんの健康をサポートしています。

あなたは5年後も健康でいる自信はありますか??

当院では原因が分からないなどの症状の方達の「5年後も健康でいられる体つくり」をお手伝いしています。

京都市内、下京区内、四条烏丸周辺でカイロプラクティック、整体をお探しでしたらお気軽にご相談ください。

毎日の寝る時間なんで3時間でOK!ってな元気な方も睡眠の質は世界的に見て日本人は特に低く、不眠が引き起こす体の不調もあるので気をつけなはれや!

ということで自律神経のプロがお届けする不眠症について書いています。

最近寝付きが悪いわ・・・夜中に目が覚める・・・質のいい睡眠で朝もスッキリ起きたいとお考えの方は是非ともご覧になってください。

  • 最近、寝つきが悪くて・・・
  • ウトウトはしてるけどすぐに目が覚める。
  • 睡眠薬・睡眠導入剤がないと寝れない。
  • 明日の仕事が心配で寝れない。
  • 布団に入って30分以上は起きてる。

不眠症で悩まれている方は非常に多いです。

不眠症って何?

不眠症(ふみんしょう、英:Insomnia)とは、毎日の入眠や睡眠を続られないい状態です。

それが持続し、著しい苦痛、または社会的、職業的、または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている場合に睡眠障害や精神障害と診断されます。

不眠症は、入眠や睡眠持続が難しかったり、睡眠の質が悪いといったこと以外にも幾つかの医学的な特徴をがあります。

不眠症はどの年齢でも起きますが、高齢者に特に多いのも特徴です。

睡眠の問題を抱える人には睡眠薬が処方される場合が多いですが、寝付き悪いから、寝れへんからとたまに使う分には役立つが、長期間、定期的に飲んでいる方は、薬がないと寝付けないなどの薬物依存症や乱用につながることがあるのでお気をつけください

また認知行動療法には、医薬品と同様の有効性が発表されていて、また医薬品と異なり持続的な効果もあると言われています。

不眠症の分類

不眠症は、原発性と二次性、その二つが合わさった不眠症に分類されます。

原発性不眠症は、医学的、精神医学的、ストレスなどの環境的な原因がない睡眠障害です。

医学的、心理学的な原因を特定したり、除外されて診断されます。

二次性不眠症とは、身体疾患、精神障害、薬物などが原因として考えられます。

薬物誘発性不眠症の原因として最も多いのはカフェインであり、違法ドラッグや処方薬も原因になる場合があります。

不眠症の定義

  • 寝つくのに2時間以上かかる。
  • 夜中に2回以上目が醒める。
  • 朝起きたとき寝て気がしない熟眠障害。
  • 朝いつもより2時間以上早く目が醒めてしまう。
  • 不眠の症状が週2回〜1ヵ月間は持続すること。
  • また不眠で自分が苦痛を感じるか、私生活に問題が起こる。

などの全てを満たすことがで不眠症と定義されています。

精神的なストレスや身体的苦痛のため一時的に夜間良く眠れない状態は、生理学的反応としての不眠ではありますが、不眠症とは言いません。

寝ている時に起こる症状

睡眠時遊行症・・・夢中遊行症(Somnambulism)とも呼ばれます。

睡眠中に突然ベッドから起き上がり、数分から30分間ほど歩き回ります。

歩き回っている時は障害物は避け、ドアを開けたり、パッと見は意識がある様に見えますが、目がすわって、うつろな表情で、周囲の人が止めようとしたり、話し掛けたりしても、反応はあんまりなくて、起こすことが非常に難しいです。

翌朝目覚めた時、夢中遊行についての記憶はなく、小児に多い病気です。

夜驚症 ・・・夜間の睡眠中に突然恐怖の叫び声をあげて起上がり、強い不安、体動、頻脈、呼吸促迫、発汗など自律神経系の症状が起こります 。

数分間は反応があまりなく、認識もない状態がみられます。

起きた後は夜驚体験の内容は断片的にしか覚えていません。

これも小児に多い病気です。

レム睡眠行動障害・・・老人に多く、夜間睡眠中に起こり、通常恐ろしい幻視・幻触と興奮・多動を伴います。

睡眠ポリグラフィー検査により筋肉の緊張消失の見られないレム睡眠期(stage 1-REM without muscle atonia)が見られる。

その他の睡眠時に起こる随伴症としては、歯ぎしり、夜尿、いびき、発作性ジストニア、夜間突然死症候群などがあります。

不眠症ってうつ病なん?

不眠症とうつ病は密接に関係しています。ただ不眠になるだけじゃなくて、過眠と言われる眠い状態が続くというのも特長です。

うつ病と不眠の関係性を調べた研究によると、次のような結果が出ています。

  • うつ病と不眠が同時に現れるケース 約30%
  • うつ病のあとに不眠が現れるケース 約30%
  • 不眠が先に現れるケース 約40%

またうつ病のときに現れる不眠の症状は大きく二つが挙げられます。

  • なかなか寝付けない(入眠障害)
  • 朝早く目が覚める(早朝覚醒)

とくに早朝覚醒は、うつと一緒に起こるケースが非常に多いと言われています。

お年寄りの早朝覚醒は特に問題はありません。

早朝に起きてしまって起き上がる気力がない、再びまた寝付けないなどがあれば注意が必要です。

不眠症の何があかんの?

いろいろな研究が世界的に行われていますが、不眠のリスクとしてあげられるのは

肥満への影響・・・米国スタンフォード大学で睡眠時間と肥満度(BMI)の関係を調査した結果、睡眠時間が6~7時間の人が最も肥満度が低く、それより短くても長くても肥満度が高まるという研究結果が出ています。

寿命への影響・・・睡眠と死亡リスクについて研究を続けているカリフォルニア大学の調査によると、通常の睡眠時間が6.5~7.4時間の人の死亡率が最も低く、それより短くても長くても死亡率が高いという結果が出ているようです。
社会生活への影響・・・寝る時間が短いと単純に昼間に眠い・集中できないなどの問題があります。質の良い睡眠をとって仕事も遊びも充実させたいものです。

血圧への影響・・寝る時間が短いと交感神経という起きている時に働いている神経が活発になりやすく、交感神経は血圧の上昇に関係があるので、十分な睡眠で交感神経が休まらないと血圧にも影響があります。

血糖への影響・・・寝る時間が短いとストレスホルモン(コルチゾールなど)の分泌が高まりやすいと言われていて、血糖値の上昇を抑える能力(耐糖能)が低下しやすいと言われています。

メンタルへの影響・・・うつとの関係もあり、先にどちらかが発症するか、同時に発症しやすいので十分な睡眠は必要ですね。

早い話、睡眠時間の短い人は健康的ちゃうということです。

人は眠ることで脳を休め、内臓を休めています。

日本人はあまり質の良い睡眠をとっている人は少なく、うちに来ている人でも5時間ぐらいです。と答える方が殆どです。

そんな生活してたら健康のレベルは下がる一方ですよ。

睡眠を大切にしましょうね!

いろいろな体の不調にもつながるので夜はゆっくりと体を休めましょう!

食生活の工夫をする・・・不規則な食事は良くありません。昔から言われている腹八分目を基本に夕食は就寝2時間前までにすませるといいです。

人肌に温めた牛乳などもおすすめです。カルシウムが神経を鎮めてくれる効果があるようです。

軽い運動を生活に取り入れる・・・ジョギングやウォーキングなどで体を動かしましょう。

ぬるめの入浴で体を温める・・・寝る1時間前ぐらいに40°C前のぬるめのお湯で体を暖めます。

エプソムソルとなどを使って体を20分ぐらいゆっくりと浸かるのもオススメです。

体を温めることで寝る前に体温が下がって入眠しやすくなります。

心臓や肩まで浸かると血圧が上がったりするので胸の下あたりぐらいにしといてくださいね。

眠る環境づくり・・・寝る前にスマホやPCなどはやめましょう。

目に光が入ることで交感神経も高まり寝付きが悪くなりやういです。

部屋の明かりは暗めに、寝間着はゆったりと締め付けないものがいいです。

カイロプラクティック・整体施術 料金

料金表烏丸カイロプラクティックセンターでは通院中の方の施術プランを大切に考え、初診の方は1日に1~2人の予約枠を設けています。予約状況によりますが、当日の予約も可能です。(受付9:30〜最終受付19:30)
まずはお電話にてお問い合わせください。

このような方はお断りします。


でもほんまに体の不調をなんとかしたい!元気な体に戻りたい!とお考えなら全力でサポートさせていただきます。

ぜひ、一度、烏丸カイロプラクティックセンターへご相談ください。


〒600ー8493
京都市下京区郭巨山町19 相生ビル5F-B
京都市 下京区 四条烏丸でカイロプラクティック・整体をお探しなら烏丸カイロプラクティックセンターへ。
【体の悩み〜心の悩みまでトータルにカイロプラクティックでサポートしています。】
烏丸カイロプラクティックセンター
メールでの予約は24時間受け付けています。

「ホームページを見ました」とご予約ください。 TEL 0120-075-251 現在通われている方の施術プランを、第一に考えていますので、ご新規の方は1日/2名様までとさせていただいています。 〒600-8493 京都市下京区 郭巨山町19 相生ビル5F-B  受付10:00~19:30 休院 日曜・祝祭日・水曜16:00まで 阪急烏丸地下鉄四条徒歩5分
メール予約受付は24時間対応しています。 メールで予約する

ページトップに戻る