2013 逃避行inフィレンツェ①

自分用のメモも兼ねて感じたこととか、残しときたく旅の記録を色々書くので興味のある人は読んでください^^

毎年、どこか遠くへ逃避行を考えておりまして

今年はドイツかフィレンツェに迷い、いつも食べに行くmamma di Boo(←トスカーナで修行して来たmammaがいる店)の飯があまりにも美味いのでフィレンツェに行ってきました。

『患者さんにフィレンツェだけっすよ』て言うたら『もったいない!ローマとかミラノとか行けばいいのに』と言われましたが、一ヶ月ぐらいいくんやったら回るけど、5泊7日ではちと厳しい・・・

スペイン行ったときもバルセロナだけ^^歩きまくるからもう道覚えたね。次行っても迷わへんぐらい。

折角行くんやから色々行く発想って、日本人は貧乏症やなぁ。また金ためていきゃ~いいのに。

 さて外国行くときはいつもテンションがあがるのに、今回の旅行は前日になってもなんか普通。

 宮古島や台湾や韓国、バリ島に行くときなんてもっとなんかこうワクワクしてんのになぁと考えながら出発。

しか~しいざ飛行機に乗り込むとテンションは徐々に上がりはじめ、ドイツビールが飲める事でもひとつあがってベタにメニューとかとちゃったりして(笑)

メニュードイツ_.JPG

ルフトハンザは良かった。乗り換えもスムーズに行くし、時間にルーズじゃない。

次行くときもドイツ経由やなビールも飲めるしとか考えながら映画4本みて、行きはヨイヨイと無事定刻ぐらにフィレンツェへ

みか 1.JPG

空から眺めるフィレンツェ。奥さん窓独占。

ふぃれんつえ 2.JPG

 完全個人旅行なのでTaxi乗って、ホテルっていうてもB&Bに到着し、徒歩2分ぐらいのスーパーCOOPへ。最初は農協A COOP系列と思って、農協スゲェとか思ってたけど違った。

でワイン買って、惣菜かって乾杯。向こうの人って挨拶を気軽にしてくる知らん東洋人にでも。ほんで優しいし笑顔。

翌日は早めに起きて朝のフィレンツェを散策し、ホテルからまっすぐ歩いてたらドォーモが見えてテンションがあがるあがる。


どーも 2.JPG

 まずはドォーモへ登ろうぜ!となり券買う所探して登ったはいいけど、私、閉所恐怖症なものであのクソ狭い窓があまりない階段を登る苦痛ったらもう・・・
_どーも3.JPG

途中で屋根の内側の絵が凄すぎた。どうやって書くんやろ?昔の人は凄いな~無宗教なんで神とか仏って胡散臭いけど、目に見えへんもんをここに書く気迫が凄かった。


どーもい 3.JPG

そして登りきったらこの顔。イタリアの太陽は眩しいぜ(笑)

まち 2.JPG

i Phone5sのパノラマ機能万歳!

フィレンツェの街ってほとんど同じ色で高い物がなくて、空が広い。

京都みたいにしょうーもない開発とかせんと昔の風景を残してる。また来たいなぁと思える素敵な街です。道端に馬のウンコとか犬のウンコが結構落ちてるけどね。

でもフィレンツェの人がフィレンツェ愛が凄いのかなんか分かった気がした。

にく 1.JPG

飯超美味いしね!量が半端ない!

奥さんが下調べに下調べを重ねてくれたので、なんとなく食べるもんが分かった!

Thank You!

昼の15時からワインあけて肉食ってパスタ食べてホテルで昼寝して、夜は御陰で食えない・・・

でも思いだしただけでヨダレが(笑

おおきに!

当分、この2013逃避行シリーズが続きま~す。

The following two tabs change content below.
アバター
親父が北海道、オカンが九州の出身、京都で出会い、私が生まれ京都育ちですが京都人っぽくない沖縄の宮古島が大好きです。沖縄の人とよく間違えられます。
アバター

最新記事 by 平野 秀一 (全て見る)